友人に誘われてバックカントリーに行って来ました。

バックカントリーとはスキー場でリフトで上がれる場所まで上がり、そこからは自分の足で歩いて登り、下りは新雪をスキーやスノーボードで滑ってくるスポーツです。

私はスキー派ですのでスキーを履いたまま山を登るのですが足や腰の使い方や普段使う事のない筋肉を使うので足腰は、かなり辛いのですが雪山の景色は樹木に積もった雪が凄く神秘的で感動をしました。

滑る斜面ですが私のイメージとしてはテレビなどで見る広い場所を滑ってくると思って登り続けたのですが登っても登っても林の中です。

思わずガイドさんに広い場所が出てこないですね。と聞いたら、いやいや滑る場所沢山あるじゃないですか。と言われ驚きました!この木と木の間だを滑るようです。

ある程度登り切った所で滑る準備をして斜面を見ても、滑れる場所は私の感覚では無いのですがガイドさんが先に滑ってくれた道筋を見ると、滑れる場所が見えてくるのです。

最初は新雪で滑るのが凄く難しく転ぶと雪に埋まってしまい立つ事すら出来なくなってしまいましたが1回目滑り終わったあと数回の登り降りを行い最後は変な体の力も抜けて非常に楽しい経験となりました。

この年齢になると新しく何かを始める機会が少なくなります。

今回改めて感じたのは、新人の気持ちになるとか、部下などに指示をする時などに慣れている感覚でするのでは無く始めて行うような気持ちで接する事が大事だと思いました。

ある方が遊びも仕事も使う頭は同じと言っていましたが、その通りだと感じました。