ホーム >> 質の良いお庭屋さんを見抜くたった5つの質問 小冊子 
最高の『家』と最高の『庭』で幸せな家庭になる。質の良いお庭屋さんを見抜く方法をご存知でしょうか。お庭屋さんの事情を公開します!! 庭クイック運営企業 株式会社アイビー・ガーデン 代表取締役 鈴木俊 著  制作協力:北澤玲子
「”家”に”庭”があるから”家庭”が形成される。
そして幸せなお庭と幸せなお家があればこそ、 初めて”幸せな家庭”ができるんだよ。」
と家族にも申しております。
美しいお庭づくりを通じて、皆さまのご家庭がますます素晴らしくご繁栄されますように。 (本文より)

誰もが陥りやすい、造園業者選びの「落とし穴」

(本書より抜粋)

「お庭をプロにお任せしたいけど、良い業者ばかりじゃないから…」 そんな心配は御無用!どこも親切・安心・明朗会計をモットーに頑張っています! …と、お答えしたいところなのですが、残念ながら、あなたがご心配されているとおり、こんな事例があります。

私が大変心を痛め、深く心に残ったエピソードをふたつ、紹介させていただきたいと思います。


Bさんはお庭を丹精込めて大切に守っていました。
お写真を拝見させていただくだけでも、ひと目で愛情とこだわりがいっぱいのお庭で
あることが伝わってまいりました。
松や桜など、難しい植木もございますね…と私が何気なく口にしましたところ、「そうなんだ、実は…」とお話してくださいました。
Bさんはご自身の強いこだわりから、「松はこのように切ってほしい」「桜はこのように処理してほしい」と、とある業者さんに具体的に依頼されました。
また、後々もめたくないので「このぐらいの価格でお願いしたい。もしもっとかかるようなら、事前にひと言伝えてほしい」旨もあらかじめお伝えしたそうです。
「では、ご希望通りの金額で作業させていただきます」との業者の返事に、Bさんは安心してお任せしました。


ところが、いざ作業が終了したお庭を見てみると、明らかにBさんの希望とは違ったのです。
作業への不満を伝えると、「では追加料金を頂戴します」。
Bさんはこれ以上話しても無駄だと、その業者には見積り通りの金額を支払い、結局別業者に再度作業をお願いしたそうです。「お金と時間の無駄だったよ」と苦笑いのBさん。

私はAさん、Bさんからこのお話を伺ったとき、本当に心を痛めました。
そもそも「造園業」という業界は、歴史が古い故の「悪しき慣習」「間違った常識」がはびこってしまっており、根本からの見直しが必要であると、私はかねてから熟慮しておりました。

もっとも大切にしなければいけないはずのお客様を、このように一番苦しめてしまっているのが、AさんやBさんが直面した「業界の悪しき慣習」そのものだったのです。

お客様はその犠牲者に過ぎなかったのです。
私は、そんな被害を一刻も早く食い止めたい。急きたてられるような思いが、この小冊子を書く原動力になったと言っても過言ではありません。



小冊子無料送付お申込みはこちら・0120-838-919



お電話でのお問い合わせ・24時間・迅速対応・0120-838-919

まずはお気軽にご相談ください。お見積もり・お問合せ
今すぐわかる、カンタン自動お見積り